食べられるのでおかゆとして

ボクは、過去に色んな痩身をやってきましたが、どれも持続しませんでした。そんな中で、唯一、ボクが実践してみて、エライ痩身に関して、ご紹介します。

ひと度、朝飯に、パンとして、バナナを2ガイドブック食べるようにしました。そうして、朝飯の時の飲料も、容易いバリエーションの野菜ジュースとして、ウーロン茶にしました。

昼前は、以前から、パンってカフェオレだけという食べ物でしたので、バナナ2ガイドブックも、空腹発想に悩まされるということはありませんでした。

昼めしは、何よりカロリーを気にせず、自然体のものを食べていました。昼めしについては、今まで通り、カロリーを気にせず、自分の好きな物を潤沢食べていました。
ディナーは、副食はそのままのものを食べていましたが、ご飯を白米に代えて、おかゆにしました。おかゆにすると、少ない体積のご飯も、食いでを得ることができるのが、プラスだ。お茶わんに軽々しく一杯のご飯をおかゆにしました。味覚に飽きてしまわないように、おかゆの上に梅干しをのせたり、岩のりをのせたり、佃煮を乗せたりして、工夫していました。ディナーの副食は自然体、カロリーを気にせず、潤沢食べられるのでおかゆとしてもさほど空腹発想は感じませんでした。
さらに、減量だけでなく、些か活動したほうが良いと思いたち、海中足つきというダイビングを通してみることにしました。私の実例、膝に痛苦があり、ランニングや、ジョギングものの地上での凄い活動ができませんでしたので、浮力にて、膝に苦悩のかからない水中での活動がベストでした。
海中足つきというダイビングを毎日1年月程度、週間5日光、1通年にかけて実践しました。
バナナというお粥を摂る訳、水中での活動を通して半年が過ぎた内、ウエイトを量ったら、前より2.5移動ウエイトが減っていました。それを知った時は、はなはだうれしかったです。こういう痩身がエライポイントは、無理な減量をしなかったことと、1通年という長いスパンで痩身を実践したことあります。
昼前バナナ痩身は、便秘にも効果があるので、おすすめです。産後の抜け毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です